FC2ブログ
「PC・DB・ゲームなどの覚え書き」のはずがただの雑記帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
amazon
スポンサーサイト
ロリヰタ。~嶽本野ばら~
ロリヰタ。 ロリヰタ。
岳本 野ばら (2007/02)
新潮社
この商品の詳細を見る


管理人は初めてこの方の作品を読みました。映画「下妻物語」が大変おもしろかったので、原作者ということで興味を持ちました。

“嶽本野ばら”というペンネーム、ロリータファッションの見た目、“乙女のカリスマが放つ「恋愛小説」の進化刑”などの紹介文から、よく言えば前衛的、悪く言えば小説じゃないみたいなモノを想像していました。
しかし、非常に善い意味で想像は裏切られました。

大まかな流れは、作家の「僕」が美少女モデルに恋をして、スキャンダルに発展していく話です。「僕」=著者なのか、事実なのかよくわかりませんが、「僕」の心情は限りなく著者のものに近い、フィクションといったところでしょうか?

文章もきちんとしていますし、「僕」の信条に対する記述も理論的で、至極まともな小説だと思いました。むしろ恋愛面も、「僕」の作家としての葛藤もテーマとしては古典的です。しかしそこに、ロリータファッションというエッセンスが効果的に加わっているので、古くささが鼻につくこともなく、楽しく読んでいけると思います。

少々青臭い感はありますが、結構善い作品だと思います。管理人はこの方の他の作品を読んでみたくなりました。

著者の見た目や、ペンネームで敬遠している方は、ぜひ一度だまされたと思って、読んでみることをお奨めします!
おじいちゃんは少年探偵 2 ~井上 よしひさ~
おじいちゃんは少年探偵 2 (2) おじいちゃんは少年探偵 2 (2)
井上 よしひさ (2007/03/07)
ジャイブ
この商品の詳細を見る



2巻になってさらにとばし気味です。今後続いていくのか不安になるほどです!
見所としては、どこまでも落ちるひかりクン(ヒロイン、フルメタの千鳥 かなめクローン)でしょうか。元々成人誌をてがけている作者だけあって、妄想なども含め、異常な回数拷問にあったり、捕まったりして縛られてます。

あとチャイナドレスのママがなぜかカタ語とサングラスで登場します。ダッチャに初めて萌えましたね!

さらにメインストーリと(たぶん)別なところで、江戸時代に行ってしまったりストーリが収集つくのか心配になってしまうところで、第3巻へ!夢落ちとかですかね?


蛇足ですが、ひかりクンの部屋にはSu-37のポスターが貼ってあります。“スーパーフランカー”とか“ターミネータ”とかいわれるロシア製の戦闘機です。管理人自身もSu-37好きで、AC(エースコンバット)では黄13カラーがデフォルトですが、スホイが好きとか言ってる奴にろくな奴はいません!!
“F22が沖縄にきたねー”とか言ってる方がまだましです。
向こう町ガール八景~衿沢 世衣子~
向こう町ガール八景 向こう町ガール八景
衿沢 世衣子 (2006/03)
青林工芸舎
この商品の詳細を見る


非常におすすめ!話としては、題名どおり、何気ない8人の女の子の日常を描いた作品です。

特に、前作「おかえりピアニカ」に収録された、よしもとよしともさんが原作を提供した短編「ファミリー・アフェア」を焼き直したような感じの「オムレツ」が大好き!
父親、娘(主人公)、弟の母子家庭に、6年前に出て行った離婚した母が帰ってくる話。ただし、籍を戻したいとか、“あのとき母さんが出て行かなければ・・”とか面倒な話は一切ない。父も子も“いいんじゃね?”みたいななんとな~く黙認的な緩い反応しか示さない。

家族という枠組みが希薄になっている現在においては、こういう話もありだと思います。巷にあふれる、どろどろの愛憎劇があまりにもあほらしく、馬鹿馬鹿しく感じている方にはお奨めです。



全体として衿沢さんの作品は、読者にテーマを押しつけてこないところがポイントじゃないかと思います。でも決してテーマがないわけではなくて、全体から強い優しさを感じさせられる。そんな感じの作品です。

▽デビュー作「おかえりピアニカ」もおすすめ
常野物語~恩田陸~
光の帝国―常野物語 光の帝国―常野物語
恩田 陸 (2000/09)
集英社
この商品の詳細を見る


とこの(常野)物語と読む。当の管理人は、題名だけみて歴史物かな?とか思いました。柳田国男の「遠野物語」と題名にてるし・・・

でも、全然違いました。常野という特殊な能力をもつ一族?を軸に10編の短編からなっています。基本的に話しどうしは独立していますが、話によっては、関連のある繋がりになってます。時代も近代から現代を舞台としたストーリです。

結構ミステリ・ホラーチックな話の作りですが、ベースは非常に心温まるストーリです。特に最後の“みさき”繋がりは、ほんのりと非常に美しい余韻を感じさせられます。

後書きにも書いてありますが、短編という形で、多くのネタを詰め込んであります。ぜひそれぞれの話を長編として膨らましてほしいところです!
と、思ったら「蒲公英草紙」「エンドゲーム」という新刊が出てました。


最近「三月は深き紅の淵を」「麦の海に沈む果実 」「黒と茶の幻想 (上)/黒と茶の幻想 (下)
と立て続けに読んできましたが、本当に恩田陸さんはストーリテラーですね。あくまで私感ですが、こう、物語の完全性というか完璧なストーリだと感じます。
ぜひ、上質なファンタジーに飢えてる人にはこれらの物語をお薦めしたい。

▽早く文庫化しないかな~!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。