FC2ブログ
「PC・DB・ゲームなどの覚え書き」のはずがただの雑記帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
本:あなたの魂に安らぎあれ
著者:神林長平 ハヤカワ文庫JA

20041214232451s.jpg




戦闘妖精雪風で有名な神林長平のデビュー後初の長編小説。SFとして非常に”うまいなあ”と感じさせられる作品。アシモフのファウンデーションなど好きな方にはおすすめ。

登場人物が皆和名であったり、実際の地名や戦艦大和といったワードが一見ミスマッチな印象を与えている。しかしそれが、ファンタジーとしての世界観を引き締めるよい効果を出していると思う。こういった感覚は、海外作家では得られないものだ。

ただ、中盤から後半の”メグ”という人物の雰囲気が違いすぎるのと、A.I信奉者である私には、アンドロイドに対する最終的な仕打ちがあまりにも痛い。またほぼ主人公といえる”秋川誠元(みつよし)”にたいしても全く救いがないところが戴けない。
マイナス点ばかり上げてしまったが、SFとしての面白さは全く揺るがない。是非おすすめの一冊!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ncii.blog2.fc2.com/tb.php/2-8dece212
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。