FC2ブログ
「PC・DB・ゲームなどの覚え書き」のはずがただの雑記帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ロリヰタ。~嶽本野ばら~
ロリヰタ。 ロリヰタ。
岳本 野ばら (2007/02)
新潮社
この商品の詳細を見る


管理人は初めてこの方の作品を読みました。映画「下妻物語」が大変おもしろかったので、原作者ということで興味を持ちました。

“嶽本野ばら”というペンネーム、ロリータファッションの見た目、“乙女のカリスマが放つ「恋愛小説」の進化刑”などの紹介文から、よく言えば前衛的、悪く言えば小説じゃないみたいなモノを想像していました。
しかし、非常に善い意味で想像は裏切られました。

大まかな流れは、作家の「僕」が美少女モデルに恋をして、スキャンダルに発展していく話です。「僕」=著者なのか、事実なのかよくわかりませんが、「僕」の心情は限りなく著者のものに近い、フィクションといったところでしょうか?

文章もきちんとしていますし、「僕」の信条に対する記述も理論的で、至極まともな小説だと思いました。むしろ恋愛面も、「僕」の作家としての葛藤もテーマとしては古典的です。しかしそこに、ロリータファッションというエッセンスが効果的に加わっているので、古くささが鼻につくこともなく、楽しく読んでいけると思います。

少々青臭い感はありますが、結構善い作品だと思います。管理人はこの方の他の作品を読んでみたくなりました。

著者の見た目や、ペンネームで敬遠している方は、ぜひ一度だまされたと思って、読んでみることをお奨めします!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ncii.blog2.fc2.com/tb.php/50-941d5b95
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。